天台宗東京教区 一隅を照らす運動

お写経のススメ 「一行一句写経」

「一隅を照らす運動」では、写経や写仏の実践活動を行って参りました。
コロナ禍のこの機会に、短時間で行える一行一句の写経を用意いたしました。道具も不要で簡単に始められます。是非、ご参加ください。

【期間】令和3年4月15日〜9月15日
【参加方法】取扱寺院にあります「お写経のススメ」パンフレットが写経用紙となっていますので、その用紙にてご参加ください。書き終えましたら、「善意の募金」を添えて、取扱寺院にお預けください。
※さらに本格的な写経をしてみたい方は、パンフレット付属の申し込みハガキを使用して、お申し込みください。
※お納めいただいた「善意の募金」は天台宗一隅救援基金を通じてコロナ禍で困っている方々への支援金として活用させていただきます。
※お寄せ頂きました個人情報につきましては、一隅を照らす運動東京本部が責任を持って保管し、当本部が行う事業に係る目的以外に利用させていただくことはありません。

ご朱印帳をプレゼント!

より本格的に般若心経の写経や子ども写仏の納経・納仏をご希望の方には、パンフレット付属の葉書に必要事項をお書きになり、一隅を照らす運動東京本部までお申し込みください。専用の写経用紙・写仏用紙・筆ペンをワンセット発送させていただきます。
ご納経された方に、天台宗東京教区特製「一隅を照らす運動ご朱印帳」をプレゼントいたします。
数に限りがございますので、予めご了承ください。

【応募方法】取扱寺院にあります「お写経のススメ」パンフレットにてご応募ください。

動画コーナー

一隅を照らす運動スライドショー

一隅を照らす運動東京本部のスライドショー動画になります。ご挨拶と共に、ぜひご視聴ください。

「お写経のススメ」自宅でできる写経作法の一例

自宅でできる写経作法の一例をご紹介いたします。ぜひ、一度お試し下さい。

「一行一句写経」のご納経先は、「善意の募金」を添えて菩提寺・取扱寺院にお預けください。
また、「東京教区 一隅を照らす運動」専用写経用紙は、パンフレット付属の申し込みハガキより申込いただき、天台宗東京教区宗務所へご納経お願い致します。

「令和3年 東京教区 一隅を照らす運動」

一隅を照らす運動とは、伝教大師最澄様が唱えた 「一隅を照らす」の精神を現代に生かすべく、信仰と実践を通じ、平和で明るい世の中を共に築いていこうという社会啓発運動です。これまで東京教区では、この運動の推進の為に「一隅を照らす運動東京大会」の開催や「歳末たすけあい托鉢」「写経」「写仏」等を檀信徒の皆様と共に行って参りました。

昨年来のコロナ禍において、私たちを取り巻く環境は激変し、一隅運動においても、浅草公会堂での大会の中止等々、これまで通りの運動を行う事が困難となりました。この状況はいつまで続くのかは、未だに不明です。

しかしながら、「一隅を照らす」精神を、どうにか皆様と実践することは出来ないかと考え、この度の 「令和3年 一隅を照らす運動」の実施を致すこととなりました。その一つが「お写経のススメ ー行一句写経」です。「人が集まれない」「接触を減らす」と言う制限の中でも、 「一行一旬写経」は可能です。天台の教えには素晴らしい言葉が沢山あり、その一節を書写し解説をお読みになるだけでも、一隅の精神に触れて頂けることでしょう。皆様自らが、一隅を照らすというお気持ちで書写してくだされば幸いです。

今後、「写経の作法」等の動画配信も行って参ります。是非、ご視聴頂きたくご案内致します。

尚、当運動にて納め頂きました一行一句写経、般若心経写経、写仏は謹んで上野寛永寺様にご奉納させて頂きます。

「ポスター」