行事報告

行事報告一覧

平成28年度一隅大会報告

2016/06/23

六月二十三日、浅草公会堂において「第四十六回一隅を照らす運動東京大会」が多くの檀信徒を集めて盛大に開催されました。
第一部では、輪王寺門跡寛永寺住職・神田秀順大僧正を導師にお迎えし、参加者全員でお勤めを行いました。今回は恵心僧都の一千年御恩忌に合わせ、「二十五三昧式」という会場内と舞台上の僧侶が一体となった法要を行いました。また一隅を照らす運動に貢献のあった檀信徒の方々を特別に表彰し、一隅運動の更なる発展を参加者に呼びかけました。
 第二部では、比叡山延暦寺において最も過酷な修行の一つ「十二年籠山行」を満行された宮本祖豊師による「比叡山の修行と伝教大師の御心(みこころ)」と題した講演を頂きました。師は修行経験を余すところなく語られ、会場内はその迫力に深く感動し改めて比叡山に対する思いを深くしました。

 

 

平成28年度山家会・頌寿会が行われました。

2016/06/02

6月2日、「東京教区山家会・頌寿会」が上野の寛永寺に於いて行われました。宗祖伝教大師の命日(6/4)に行われる山家会法要ですが、今年は土曜日にあたるため、6月2日に寛永寺根本中堂に於いて厳粛に行われました。法要の後の頌寿会では、本年頌寿を迎えた方々と叙勲を受けた方々のお祝いが行われました。また、併せて新たに住職に任命された方々が紹介され、和やかな会となりました。

 

平成27年度教区霜月会

2015/11/23

十一月二十四日、第八部安養寺様を会場に霜月会法要が営まれました。
各部二名のご出仕と天台雅楽会、寺庭婦人会の方々のご協力と
各寺院にご随喜をいただき、厳かな法要となりました。
また法要に続いて、各方面でご功労のあった方々へ教区より記念品が贈られました。

 

平成27年度一隅大会報告

2015/06/25

六月二十五日、浅草公会堂において「第四十五回一隅を照らす運動東京大会」が千人を超える多くの檀信徒を集めて盛大に開催されました。
第一部では、声明と雅楽による法要が厳修され、輪王寺門跡寛永寺住職・神田秀順大僧正を導師にお迎えし、参加者全員でお勤めを行いました。また一隅を照らす運動に貢献のあった檀信徒の方々を特別に表彰し、一隅運動の更なる発展を参加者に呼びかけました。
 第二部では、「神田川」や「妹」など数々のミリオンヒット曲を歌い、現在も活躍を続ける南こうせつ氏のコンサートを行いました。会場前には早朝より行列ができ、初めて入場整理券を配布して対応致しました。コンサートが始まるとテレビやラジオで慣れ親しんだユーモアあふれるお話と、優しい歌声に会場では声援が飛び交い、万雷の拍手が何度も響き渡る素晴らしい一隅大会となりました。

 

photo01 photo02
photo03  

平成27年度山家会・頌寿会が行われました。

2015/06/04

6月4日、恒例の「東京教区山家会・頌寿会」が上野の寛永寺に於いて行われました。宗祖伝教大師の命日に行われる山家会法要が、寛永寺根本中堂に於いて厳粛に行われました。法要の後の頌寿会では、本年頌寿を迎えた方々と叙勲を受けた方々のお祝いが行われました。また、併せて新たに住職に任命された方々が紹介され、和やかな会となりました。

 

平成26年度一隅大会報告

2014/06/11

6月11日、浅草公会堂において「第44回 一隅を照らす運動 東京大会」が開催されました。
今年は第一部において、舞台上の慈覚大師を供養する御影供(みえく)が厳修されたのちに会場全体で法要を行いました。
また、第二部では東京工業大学リベラルアーツセンターの上田紀之教授により講演が行われました。「よき種をまくことを喜ぶことは「一隅を照らす」ことにつながる」、「人の使い捨て」の感覚を捨てることで、現代を生きる私たちが幸せに暮らせるようになると説かれました。

 

photo01 photo02


※第一部の模様がお聞きになれます。音が出ますので、ご注意ください。

平成26年度山家会・頌寿会が行われました。

2014/06/04

6月4日、上野の寛永寺に於いて「東京教区山家会・頌寿会」が行われました。宗祖伝教大師の命日に行われる山家会法要が、寛永寺根本中堂に於いて厳粛に行われました。法要の後の頌寿会では、本年頌寿を迎えた方々と叙勲を受けた方々のお祝いが行われました。また、併せて新たに住職に任命された方々が紹介され、和やかな会となりました。

 

photo03 photo04

仏教青年会「助け合い募金活動」報告

2013/12/03

東京天台仏教青年会は、毎年恒例となっている青山での助け合い募金活動を昨年12月3日に実施いたしました。
当日は晴天にも恵まれ、青年僧15名が天台宗のキャラクター「しょうぐうさん」とともに、青山界隈をご通行の皆様にご協力を呼びかけました。
集まった浄財61,551円は、下記のように災害復興支援基金等に寄託致しました。ご協力いただきありがとうございました。

 

日本赤十字社 2013年フィリピン台風救援金 25,000円
東京都大島町 伊豆大島台風26号土石流災害義援金 25,000円
天台仏教青年連盟 災害救援基金 11,551円

 

photo01 photo02

平成25年度教区霜月会

2013/11/19

十一月十九日、第六部瀧泉寺様を会場に霜月会法要が営まれました。
各部二名のご出仕と天台雅楽会、寺庭婦人会の方々のご協力と
七十六名のご随喜をいただき、厳かな法要となりました。
また法要に続いて、各方面でご功労のあった方々へ教区より記念品が贈られました。

 

h25_01 h25_03
h25_02

平成25年度 一隅大会報告

2013/06/14

6月14日、浅草公会堂において「第43回 一隅を照らす運動 東京大会」が行われました。
第一部では、恒例となっている雅楽と声明の調べと共に、厳粛な法要が執り行われ、会場の参加者と一体となった法要をお勤めいたしました。
第二部では、聖路加国際病院小児総合医療センター長の細谷亮太先生を講師にお招きし「今伝えたい『いのちの言葉』」と題した講演を頂きました。医療の現場での貴重な経験をもとに、一人一人が毎日を輝かせて生きていくヒントを頂いたお話でした。
また、皆様より頂いた善意の募金753,682円は、全額地球救援基金へ寄託させていただきました。

 

DSC00338 DSC00359