寺院紹介

地区別一覧へ戻る

金林山明了院 東漸寺

東漸寺
御本尊阿弥陀如来
所在地 〒131-0043 東京都墨田区立花6丁目17-4
T E L 03-3611-5325
交 通 総武線/平井駅 徒歩12分
開 創 文安元年 (西暦1444年)
本 尊 阿弥陀如来

当山は、文安元年、秀尊という僧、開基すという。浅草寺の末寺。中興は圓覺上人、寛永7年11月18日示寂すと新編武蔵風土記に記載されている。現在の位置は、江戸時代末、武蔵国南葛飾郡葛西川村字出口と呼ばれ、戸数42戸であった。
本堂は、中興の祖、圓覺上人によって建立された茅ぶき木造の建物であったが、昭和38年9月、現在の鉄筋コンクリート造りに改築された。本尊阿弥陀三尊来迎仏のほか、薬師如来、金勝不動明王、釈迦如来、地蔵菩薩、千手観世音菩薩(2躰、葛西7番・8番札所)、如意輪観音、金勝稲荷大明神、閻魔大王の諸尊を奉安している。
境内には元文元年建立の六地蔵尊、安永9年建立の法華経読誦塔、昭和55年建立の水子地蔵尊があり、又、徳川家康の待医であった板坂如春(卜斉)先生の墓碑(延寳八年庚申仲冬十二日)と庚申塔(道標を兼ねる)(宝暦13年癸未)がある。(共に墨田区登録文化財)

■年中行事

1月1日 修正会
2月 節分会
2月15日 涅槃会
3月 春彼岸会
4月8日 花まつり
5月4日 施餓鬼会
6月4日 山家会
6月24日 北向地蔵尊講
7月 盂蘭盆会
9月 秋彼岸会
11月24日 天台会