寺院紹介

地区別一覧へ戻る

三圍山真珠院 延命寺

所在地 〒125-0063 東京都葛飾区白鳥4-13-23
T E L 03-3601-0352
交 通 京成線/青戸駅
バス5分 徒歩15分
開 創 観応元年 (西暦1350年)
本 尊 地蔵菩薩

延命寺は観応元年草創され江戸時代元禄6年以降は本所中之郷(現在の墨田区吾妻橋)に在りましたが、大正12年関東大震災により堂塔を焼失し、のち区画整理に伴い、現在地に移転しました。本堂前に昭和3年6月移転記念の石柱が建っております。移転当時の延命寺の周辺は田畠がひろがり閑静でしたが、戦後、徐々に住宅地として発展しました。
当山は昭和29年境内に白鳥幼稚園を開園し、盛時には360名の園児を保育しておりましたが平成2年度をもって閉園いたしております。
昭和12年建立の本堂は戦時中の爆弾で被爆するなど破損も目立ち平成4年新たに本堂を落慶しました。
尚、当山の山号三圍山は墨田区本所三圍神社よりきております。本尊延命地蔵尊は三圍神社の本地佛 として延命寺草創の折り安置したもので寺号の由来となったものです。

 

○延命寺への径
延命寺を訪れるには、JR常磐線・地下鉄千代田線の亀有駅で下車し、バスを利用するのが便利です。
亀有駅南口から「新小岩駅」行き、または「奥戸車庫」行きのバスに乗り、四つめの停留所「亀有新道」で下車し、そこから歩いて二、三分ほどのところです。
バスを降りたら南へ進み、六叉路に出たら右折し、団地のなかの道をゆく。そしてつぎの小さな四ッ角を左折すれば、右手に延命寺が見えて来ます。
門を入ると正面が本堂、裏手に客殿・庫裏がつづいている。本堂をはじめ境内は平成4年11月に一新されたばかりす。

 

 

ご本尊は延命地蔵菩薩。左脚を下ろした半跏像である。その大きさに圧倒されます。

■年中行事

3月 彼岸法要
5月3日 大施餓鬼法要
7月(第1日曜) 新盆供養会
7月 お盆供養会
9月 彼岸法要・彼岸入りに老人ホーム・仁生社慰霊際
11月23日 護摩法要