寺院紹介

地区別一覧へ戻る

東叡山寛永寺 覺成院(覚成院)

所在地 〒110-0007 東京都台東区上野公園
交 通 JR 京浜東北・山ノ手線/鴬谷・上野駅 徒歩5分
開 創 寛永11年 (西暦1634年)
本 尊 薬師如来

覚成院は寛永寺の子院の一寺にて、現在は国立博物館の東側に他の子院14ケ寺と共に位置します。当院は寛永11年(1634年)雅楽頭、酒井忠世公が、開基忠俊に帰依し、創建されました。以降歴世檀信となり、百石の邑を寄せて永く資糧を賜る。又宝永元年(1704年)式部大輔榊原政邦公檀越となり、20人扶持を歳々賜る。正徳3年(1713年)信濃守小笠原長圓公又檀越となり15人扶持を歳々賜る。
又寛延元年(1748年)大久保、田沼、両侯新に檀越となる。やがて幕末を迎え、慶應4年(1868年)5月15日戊辰戦争(彰義隊の戦い)により当山は戦争の巷となり、当院も焼失し一朝烏有に帰す。
その後明治18年上野桜木町28番地に再建、同35年桜木町47番地に移築する。更に大正3年9月、現在地に移築する。その間、関東大震災、第二次大戦には災害を免れ今日に至ってます。

 

○年中行事
両彼岸盆法要