寺院紹介

地区別一覧へ戻る

小野照山 嶺照院

所在地 〒110-0004 東京都台東区下谷2-18-2
T E L 03-3872-0050
交 通 JR 鶯谷駅 徒歩6分
地下鉄日比谷線/入谷駅 徒歩3分
開 創 寛永6年 (西暦1629年)
本 尊 阿弥陀如来

寛永6年の創建で、開基は慶賢法印とある。初めは「禅定坊」と称していた。
「江戸砂子」小野照神社の項には「寛永年中東叡山草創の時、下谷の岡、且寿庵の地に移さる。この地に稲荷社あり。これ元和の頃、白狐土民長左衛門という者に託して、小祠を建つる所の新地なり。この稲荷霊験深く、祠社の白狐、夜毎に尾の先脱りて、台嶺の松に輝けり。依って小野大明神に混じて、小野照崎と神号し、且寿庵を嶺照院と改め、東叡山に属す」とある。
小野照崎神社の別当であったが、明治維新に際に分離独立した。
関東大震災の後、昭和通りを新設するため東京都の命により、坂本から下谷の地に移って現在に至っている。

■年中行事

4月8日 花まつり
5月3日 御施餓鬼会
春秋彼岸中日 彼岸供養会