寺院紹介

地区別一覧へ戻る

明鏡山善光院 養願寺

所在地 〒140-0001 東京都品川区北品川2丁目3番12号
T E L 03-3471-9224
交 通 京浜急行線/新馬場駅北口 徒歩2分
開 創 正安1年 (西暦1299年)
本 尊 虚空藏菩薩

当寺のある「品川」その地名は平安朝の時代から有り、古来より幾多の由緒に彩られた町です。鎌倉、室町、桃山、江戸時代に渡り栄え、江戸と上方を結ぶ重要な交通路でありました。
徳川時代に東海道に宿場が始めて設置されたのは慶長6年(1601)の頃になります。
当山養願寺御本尊虚空藏菩薩は木像で空海作と傅えられます。十三詣りでも知られ、福徳智恵を授かるといわれております。また丑年寅年生れの一代守本尊でも有ります。
他に阿弥陀三尊が安置されていますが、鎌倉時代制作と云われる善光寺式阿弥陀三尊で区文化財指定を受けています。
また木造不動三尊像三躯が安置され制叱迦童子立像の面部のはぎめの墨書の名及び玉眼のあて木にはさまれていた文書から此の三尊の由緒が知られました。仏師春達により万治元年(1685)に制作されたと記され区文化財指定を受けています。

 

○東海七福神(布袋尊)
江戸時代に宿場が設置され第一の宿場と成り古くから東海七福神が祀られ、今日は元旦より多勢の参拝者が有ります。当寺には布袋尊が安置されて居ります。
 

養願寺参道

■年中行事

1月1日 元旦初大護摩供
1月13日 初御縁日大護摩供
2月3日 節分会追儺式厄除大護摩供
4月7日 春季大祭護摩供
11月7日 秋季大祭護摩供